地元のお母ちゃんたちが作る、殿下地区の伝承料理&地元野菜を使った創作料理のお店

イベント

かじかの里山殿下 伝統料理調理教室のご案内

かじかの里山殿下では、殿下の伝統料理調理教室を行っています。  
殿下地区に昔から伝わる「殿下の葉ずし」と「呉汁」の料理体験をしていただき、所要時間は昼食を含めて約2時間となっています。
伝統的なおかあちゃんたちの作業着、かっぽう着と、手ぬぐい頭巾をかぶってもらい、地元の講師が懇切丁寧に指導いたします。料理の後はかじかの里山殿下ご自慢の伝承料理ビッフェでお腹一杯になっていただきます。
 詳細は下記のようになっておりますのでご覧ください。

【料理教室の流れ】

午前10:00~12:00(それ以外の時間帯はご相談ください)
 ●前掛け、頭巾を着用して手を洗って頂きます(頭巾は記念にお持ち帰りいただけます)
 ●作業の流れを簡単に説明いたします(10分)
 ●殿下の葉ずしづくり(30分)
 ●殿下の呉汁づくり(20分)
 ●作った料理に加え、かじかの里山殿下のビッフェを楽しんでいただきます(50分)
 ●体験終了。食べきれなかった葉ずしは袋に入れてお持ち帰りになれます
  (但し当日中に必ず消費するようにお願いいたします)

【お申し込み方法及び料金】
体験料金
3,500円(税・お土産込み)
支払い方法
ペイパル or 現金
予 約
体験日1週間前 午後5時まで
予約方法
1.当ホームページの申込フォームにて必要事項を記入してお申込みください
2.必要事項(代表者名・返信連絡先・申し込み人数・参加希望日を明記)を記入して、FAX(0776-97-2622)にてお申込みください
キャンセル
体験日前日(現地時間)の午前11時までにキャンセルする必要があります。それ以降のキャンセルの返金はできません。
最小遂行人員
4名 ※それ未満の方はご相談ください。
問合せ先
予約と同様
対応言語
日本語・英語 ※但し館内に英語・中国語の案内あり
住 所
福井県福井市畠中町28-24-1 FAX 0776-97-2622

インバウンド向けの料理教室体験実施 【2016.10.07】

かじかの里山殿下では、10月7日にインバウンド向けの料理教室体験を実施しました。
 インバウンドの方々の申し込みはもう少し先になりますが、国内の方々の申し込みは随時受け付けていますので、興味のある方はお問い合わせください!!
 殿下がまた一つ前進します!!

現在、かじかの里山殿下では、インバウンド(外国人旅行者)向けの料理教室の開業に向けて、準備を進めています。
10月7日には福井市在住の外国人(アメリカ・韓国・オーストラリア)を招いて、模擬体験をしてもらいました。
 伝統的なおかあちゃんたちの作業着、かっぽう着と、手ぬぐい頭巾をかぶってもらい、「殿下の葉ずし」と「呉汁」を作ってもらいました。
 料理の後はかじかの里山殿下ご自慢の伝承料理ビッフェでお腹一杯になっていただきました。
 近々HPで募集を開始しますので楽しみにしていてください。もちろん国内の方の体験も大歓迎ですから皆さまお申し込みをよろしくお願いいたします。

外国人に昔ながらのかっぽう着と手ぬぐい頭巾をかぶせて料理教室の始まりです。

外国人に昔ながらのかっぽう着と手ぬぐい頭巾をかぶせて料理教室の始まりです。

講師の先生が酢飯の作り方をレクチャーしています。

講師の先生が酢飯の作り方をレクチャーしています。

実際に酢飯を作る外国人3人組

実際に酢飯を作る外国人3人組            

出来上がった酢飯に具材を入れてかき混ぜています。

出来上がった酢飯に具材を入れてかき混ぜています。

かきまぜたお寿司を葉っぱの上に乗せて「葉ずし」の完成です。

かきまぜたお寿司を葉っぱの上に乗せて「葉ずし」の完成です。

「呉汁」の講師は生豆粉(まめのこ)のメーカーの専務がじかに教えます

「呉汁」の講師は生豆粉(まめのこ)のメーカーの専務がじかに教えます

神妙な顔つきでお味噌の計量をしている外国人

神妙な顔つきでお味噌の計量をしている外国人          

料理ができたら、ビッフェスタイルの昼食をおなか一杯食べられます!!

料理ができたら、ビッフェスタイルの昼食をおなか一杯食べられます!!

ページの上部へ